ハワイ観光情報サイト!定番スポットから今流行りのスポットがわかる

#【絶景夕日と夜景】ハワイを一望できるタンタラスの丘

...
インスタ映え/ワイキキ

オアフ島で No.1 夜景スポットである”タンタラスの丘”の魅力を徹底解説!

ワイキキの夜景を一望できるタンタラスの丘で、プロポーズをする地元カップルが続出するロマンチックなスポットでもあります♪

今回は昼・夕・夜といつきても魅力溢れるタンタラスの丘のポイントと気になるアクセスご紹介します!

タンタラスの丘での夕日がおすすめな5つの理由

結論からお答えします。

ハワイ激リピーターの私がタンタラスの丘での夕日を

おすすめする1番の理由は、、、

サンセット+ワイキキの夜景をセットで楽しめるからです!

■ タンタラスの丘

そもそもタンタラス丘は、もともとワイキキを一望できる夜景スポットとして有名なスポットです。

ワイキキ中心部から車で約20〜30分ほども距離です。

観光客だけでなく、ハワイに住む人々も夜景を楽しみに足を運びます。

タンタラスの丘からは、にぎわうワイキキの街を一望することができることからHISやJTBなどの日経旅行会社をはじめ夜景を目的とした現地ツアーを実施しているほどです。

そしておすすめする理由は、1つだけではないんです。

■ 観光客が少ない

多くの観光客(とくに日本人観光客)は、現地ツアーを利用しておりサンセットの時間帯は全くといっていいほどいないです。夜景を目的としているツアーということもあり、周りが真っ暗になるまではわたしたちとローカルの若いグループが2組いるくらいでした。

なので、周りが騒がしい!ということもないので、ゆったりワイキキエリアの景色を楽しむことができます。

周りの人がいない場所は、ハワイでは限られていると思うのでとても非日常感も感じられる時間でした。

■ 入園料はかからない

またタンタラスの丘展望台でサンセットや夜景を見るわけではないので、入園料はかかりません。

もし日没の時間に雲が多く綺麗なサンセットを見ることができなくても、

日没後夜景をばっちり楽しむことができるので天気に左右されないところもおすすめのポイントです。

【ワイキキの昼の顔を一望】日没の30分前には到着しましょう

タイトルで夕日と夜景をセットで楽しむ!とお話ししましたが、

+ α ワイキキの街の昼の顔もひと目見ていただきたいんです!

タンタラスの丘の頂上にある展望台から見るワイキキの景色も最高ですが、

どうせなら移動なし!で絶景サンセットと夜景をたのしめるスポットで明るい時間帯だから見えるハワイの景色を満喫しましょう♪

ダイヤモンドヘッドとワイキキの街を後ろからみれるってなんだか不思議な感じがします。笑

■ 1番のおすすめは日没後の景色

実は、日没後が1番空の色やサンセットが綺麗だったりするんです!

分厚い雲が多いでなければ、日没後30分の空の景色はマジックアワーです。

夕日に照らされて雲がピンクやオレンジ色に表情を変えたり、空がグラデーションカラーになったりとおすすめの時間帯です!ハワイでは、日没後の美しい空の移り変わりを「マジックアワー」と呼ばれています。

■ ワイキキの街のとびきりの夜景

そしてマジックアワーが終盤を迎えるころには、

夜のワイキキの街の姿があらわれます。

日没後30分もすれば、一気に空が暗くなりだし夜景タイムです☺︎

ワイキキエリアには80以上ものホテルとビルが立ち並んでいることから日本でみる夜景とはまた違う景色が広がっています。ワイキキからすこし離れていくに連れて住宅地が広がっているのがわかります。

タンタラスの丘は、ワイキキエリアとはすこし離れたロマンチックなデートスポットであり、ここでプロポーズをするカップルもいるそうです。

【バスではいけない】おすすめのアクセス方法

■ おすすめのアクセス方法

ワイキキ中心部から車で約20〜30分ほどの距離のある

タンタラスの丘へのおすすめアクセス方法は、Uber Taxiです!

理由は3つで、

⑴タンタラスの丘周辺にバスストップがない

⑵駐車スペースがいっぱいでも問題なし

⑶タクシーより安くいける

ご存知かもしれませんが、

タンタラスの丘周辺に公共交通機関でいくことはできません。

なぜなら、ハワイで唯一の公共交通機関であるザ・バスのが周辺エリアを運航していないのでバスストップがありません!タンタラスの丘周辺に住んでいるハワイの方々は、もっぱら車移動なので困ることはないようですがはじめてそれを知ったときは驚きおました。

そして、タンタラスの夕日&夜景スポットにある駐車スペースは、とても限られているのでレンタカーできたのはいいけど止めるところがない!なんて人たちをたくさん見ました。

ですが、Uber Taxiであれば目的地で降ろしてもらい、

また帰るときにスマホでUber Taxiを呼べばいいので、駐車スペースを気にする必要はありません☺︎

混雑度は、日よってまちまちなのでがらがらでわたしたち以外誰もいません。ということも全然ありますが、観光でいくみなさんにはUber Taxiが1番ベストであると思います。

最後に、Uber Taxiはタクシーやツアーでくるより安くいけます!

基本的にUber Taxiにはチップを払わなくていいのと、人数が多ければ割り勘できるのでその分お安くなります。

【Uber Taxiホームページ】

https://www.uber.com/jp/ja/ride/ubertaxi/

■絶景夕日と夜景スポット

タンタラスの丘展望に向かう途中にある”Round Top Drive”

【アメリカ合衆国 〒96822 ハワイ州 ホノルル】

■ウーバー以外のアクセス方法

⑴タクシー|往復約50〜60ドル

⑵レンタカー

⑶現地ツアー|送迎1人約2000円〜

タンタラスの丘の夜景ツアーのツアー会社、ツアー料金を詳しく以下の記事にまとめているので、要チェックです!

【ワイキキでサンセット】最高の夕日が見えるスポット3選

最後に注意

■日が落ちたら、上着必須

特に日没後のタンタラスの丘寒いです!

天気にもよりますが、ハワイの気候の特徴として日中が暑くても、朝夜が冷え込むことが多いです。

なのでサンセットタイムあたりから風が強くふいたり、少し肌寒く感じるので上着必須です!

■ウーバーの場合は、はやめに呼ぶ

Uberは、なかなかこないことが多いです!

多くのUberはワイキキ周辺に待機していることがほとんどなので、Uberを手配してから5分、10分でくるのは難しいので、早めにUber呼びましょう!

運がよければ、夜景を見るために観光客を乗せてきたUberをつかまえることもできますがあまり期待しないでください☺︎